うつ病克服01 うつ病克服02 うつ病克服03

こんな時は

【うつ病】
最近ではもはや定番ともなってしまった「よく聞く病気の名前」なのではないでしょうか?
もはや現代社会において、うつ病の症状は一般的にも知られているものが多くなってきている。
・・・なんて言えるくらいには「一般的な知識」として捉えられているものなのかもしれません。

では典型的な【うつ病の症状】ってどんなものがあるのでしょうか?
そしてうつ病というのはどうやって症状を抑えたりしていくのでしょうか?
いろんな種類のある病気ですから、もしかしたら気づいていないだけで多くの人が「うつ病」の症状に悩まされているのかもしれません。

ではここでよく言われている一番のものを述べてみようかと思います。
それは感情について。
うつ病の最大の症状と言われているものがあります。
思い当たる節が無いのにもかかわらず不安や悲しみを感じてしまったり、焦りを感じてしまったりすること。
ご自身でもそうですが、他の人から見ても「ん?なんか凹んでる?」と「落ち込んでいるように見える」症状が多いです。

そのため。単純に「落ち込んでいるだけ」ととらえられてしまって、「自分が病気だ!」ということに気づかないまま過ごしてしまう。
なんてことが多かったりします。

この場合、最初のうちは楽しいことがおこったりすると「楽しい!」って感じることができるというのも病気の発見を遅らせてしまう要素なのかもしれません。
とはいっても、何もしていない時やふとした時に漠然とした不安や不快感が呼びがえってくる場合があります。
「自分はなんてダメなんだろう」とか、「私なんかが・・・」なんて思ってしまったりもします。
また、これが進んでいってしまうと不意に泣いてしまったりもするようです。
このような症状に心当たりはありますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加